本文へ移動
若者に人気?フィルムカメラの魅力
2021-06-03
オススメNEW


シニア層は当たり前、若者には新しい

スマートフォンなどで日常の写真を撮るのは当たり前の時代になりました。

技術の進歩で、誰でも簡単に取れる時代ですが、より身近なものとなり、写真を取る行為はあまり気に留めなくなったのも事実かと思います。

フィルム全盛の時代は一本のフイルムで最大36コマの撮影などと、コマ数に制限があり、1コマ1コマを慎重に使う。また現像という処理をしないと写真プリントが出来ず、一旦現像処理をすると、そのフィルムでは撮影出来ないので、よりどうやって撮影するかを考えていたと思います。絞りやシャッタースピード、フィルムの感度など技術も必要でした。

デジカメでいう、プレビュー(撮影後の確認)がすぐ出来ないので、どんな状態で写っているのか写真をプリントしてみないと判らないのがフィルムカメラの特徴です。

そんなフィルムカメラですが、面倒な分、その仕上がりはデジタルカメラでは表現しきれないアナログ感があり、雰囲気が違ってみえます。

そんな手間を掛けてもフィルム撮影の世界は奥深く、多少面倒でもハマる若者が増えているのも現実です。



カメラのカネミチ北三条は、そんな皆様のお手伝いをさせていただきたいと思います。


こんな方にも
昔に撮ったネガをお持ちの方
当社ではネガの現像から承れます。
何が写っているか判らないものや、趣味でフィルム撮影をなさっているかたなど、お問い合わせください。

古いお写真の修復や色付け
破れてしまった写真や部分的に穴が空いたようなお写真を、出来る限り修復いたします。
また、白黒写真に色付けすることも可能です。
より一層、記憶が蘇るきっかけになります。
1 昔からの技術を現代の技術力で

高速で高品質に仕上がるレーザーを使用したプリンターで印画紙にプリントします。
※(解像度の低いデーター、小さいサイズの写真データーは引き伸ばすと画像が荒れますのでご注意ください。)

通常の写真と同じ仕上がりになります。
光沢やラスターなどの印画紙、引き伸ばしや、枚数指定も可能です。
フォトブック(アルバム)にしておけば
冊子にしておけば、いつでも取り出してご友人や親戚などにも見せることができますし、整理された状態になりますので、管理が楽になります。
お子様の成長やご家族の思い出など

写真にすることで

写真は、ご自身の人生がどのような時代だったかをご家族や友人の方に見せることもできます。
また、人生を振り返り、大切な出来事を思い出す中で、新たな目標ができるかもしれません。

弊社では、そのようなお客様のお手伝いをさせて頂いております。
お気軽にお問合せ下さい。
TOPへ戻る